FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピナ・バウシュのこと



20170630231638cc4.jpg




ピナ・バウシュの舞台をはじめて観たのはパリのオペラ座


グルック作曲の「オルフェオとエウリディーチェ」

ギリシャ神話が題材のオペラバレエでした。








20170630232643982.jpg




“何が人の心を動かすのかに興味がある”

そう語っていたピナの舞台は

はじめから終わりまで涙が止まらなかった...




あぁ、表現とはこのようなものなのだ

それは魂を揺さぶられる

細部までのこだわりと繊細さを伴ったものでした。






20170630231641c00.jpg




オペラ座のダンサー達はこの舞台の振り付けで人生観が変わったそうです。

極限まで無駄を削ぎ落としたシンプルな衣装も
素晴らしくセンスが良いものでした。



もう一度観たい!
結局、3度も同じ舞台を観に行ったのですが、
その都度、感動は違うものでした。








20170630231642268.jpg





真摯に表現と向き合った振り付けの予想もできない動きにハッとさせられます。

そして常にその技術には感情、
心が伴っているのです。









その後、びわ湖ホールでは「フルムーン」を観に行ったのですが、
それはオルフェオとは全く違う荒唐無稽な不思議な世界でした。





20170701094434096.jpg




月を照明で表現し、舞台には大きな水たまり、そして雨が。


観た後になんとも言えない幸せで満たされた気持ちになったことを
覚えています。




是非、DVDなどでご覧になってみてくださいね!
残念ながらもうピナはもういないけれど、その時代に観ることが出来て幸運でした。


観た後、きっとなんともいえない
幸せな気持ちになれると思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しらさき やすこ

Author:しらさき やすこ
幼少より絵と動物,自然がだいすき。
5才よりヴァイオリンを始める。
美術を学んだのち音楽の道へと進み、その後パリに留学。
現在も演奏活動を続け、動物のイラストやフライヤーのデザインなども手掛けている。
先代の愛黒猫ミーに続いて、保護猫トントと過ごす日々。

.......................


Lune et prune
(リュヌエプリュヌ)

姉妹ユニットとして活動。
姉のしらさきやすこがイラストを、
妹のchisaが対応などをさせて頂き、
共にアイディアを出し合いながら企画をしています。
LINEスタンプも好評販売中!



*minne、 Creemaにて販売中


*委託店:ねこ絵本とねこ雑貨のお店
「かぎしっぽ」
「ヤマネコ手芸店」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。